読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redash の次にくるのは superset!! - Airbnb 謹製の BI ツールが OSS で

Redash (re:dash) 流行ってますね。

redash.io

最近 Github をにわかに賑わせている OSS が superset です。

github.com

superset とは

公式説明によると

data exploration platform

とのことですが、僕の感覚的にはこれはつまり、いわゆる Business Intelligence (以下 BI) Tool です。そう、Tableau のような。

  • OSS (Apache 2.0)
  • サーバーサイドは Python で書かれている
  • さまざまなデータソースに対応 (MySQL, Redshift、SparkSQL など)
  • グラフ描画の種類が豊富
  • Role や Permission についてある程度細かく設定可能
  • Airbnb Engineering チーム謹製

superset ざっと見

インストール方法は公式ドキュメントのとおりです。

あるいは Docker image を利用します。

f:id:iktakahiro:20161125193456p:plain:w600

初期設定をすませて、SQLite 上に展開されているサンプルデータセットを使ったダッシュボードにアクセスしてみると

f:id:iktakahiro:20161125193621p:plain:w700

ふぁっ!? (二度見

f:id:iktakahiro:20161125193719p:plain:w700

ふぁー (椅子からすべり落ちる

...

ごく簡単な利用方法としては、対象のデータソース (最も単純な場合、データーベースの中の1テーブル) を選択し、Filter や Group By 対象のカラムを選択し、描画したいグラフのパターンを選択してグラフを生成します。

例えば以下は、サンプルデータセットの誕生日データの円グラフです。

f:id:iktakahiro:20161125194031p:plain:w500

グラフの種類を選択できます。

f:id:iktakahiro:20161125194101p:plain:w300

棒グラフに変更。

f:id:iktakahiro:20161125194122p:plain:w500

謎の Words Cloud。

f:id:iktakahiro:20161125194145p:plain:w500

SQL 記述の支援ツールもついていて、クエリ結果はその場で確認できます。

f:id:iktakahiro:20161125194243p:plain:w500

Redash の違いと superset の可能性

superset をまだ使い込んでいるわけではないうえでの感想である点をご了承ください。

印象としては、Redash はなにはともあれ SQL が起点だったのに対して、superset は GUI でできることが非常に多いです。視覚表現も豊かで (実用度はさておき) 楽しくなるようなダッシュボードを組み立てられます。

重複する部分もあるとは思うのですが、

  • Redash: いちど SQL から組み立てた指標とグラフを定期的にモニタリングしていくのに便利
  • superset: Filter や Group By をいじりながら、インタラクティブにデータを探索してくのに便利

という使い分けになるのかなぁという気がしています。

サービスやプロダクトの改善のために社内でダッシュボードを構築する気運は高まるいっぽうです。BI 界隈の動きとしては、ここ数年勢いの止まらない Tableau の他にも、Google Data StudioAmazon QuickSight など大型のツールも登場してきています。

superset は OSS ということもあり、社内ダッシュボード構築をまず始めてみるにはこれでいいのでは!? と思わせるようなインパクトがあります。

流行ると思います。

IPythonデータサイエンスクックブック ―対話型コンピューティングと可視化のためのレシピ集

IPythonデータサイエンスクックブック ―対話型コンピューティングと可視化のためのレシピ集

Tableau 10.0 Best Practices

Tableau 10.0 Best Practices